学校経営計画

(1)教育目標

児童生徒一人一人の発達段階や能力・特性に応じた教育を行うことにより,心豊かでたくましい児童生徒の育成を目指す。

(2)具体目標 【目指す児童生徒像】

  ① みんなと仲良く協力し合う児童生徒

  ② 何事にも進んで取り組む児童生徒

  ③ 明るく元気でたくましい児童生徒

  ④ 自分の役割をしっかり果たす児童生徒

(3)経営方針(スローガン)

  ① 伸び伸びと学習活動ができるよう,安全で安心な教育環境を保障します。

  ② 個別の指導計画に基づいた授業を実践し,児童生徒の自立を目指します。

  ③ 特別支援教育のセンター的機能を組織的に発揮し地域に貢献します。

(4)教職員の基本姿勢

児童生徒一人一人の現在及び将来に向けて生きる力を育むために,教育的ニーズに応じた適切な教育や必要な支援を充実させ,その能力・特性を最大限に伸ばすとともに,できることをさらに伸ばして自己肯定感を高めるため,実践に当たっては次の二つの視点を大切にする。

   【児童生徒の視点】

     安全で安心な環境の下で,主体性を発揮して充実した学校生活を送り,健やかに成長する。

   【教師の視点】

     児童生徒一人一人の意欲を引き出す環境づくりときめ細やかな支援に努め,明るく楽しい授業を実践する。

(5)今年度の努力点及び具体策

【学習活動の充実】

  ① 個別の指導計画に基づいた指導により,児童生徒の能力を伸ばす。

  ② 教師間の情報共有と協働での授業づくりに取り組み,授業の効果を高める。

  ③ 地域の人的・物的資源などの教育力を積極的に活用し,児童生徒の社会生活能力を育む。

  ④ 児童生徒一人一人の発達段階に応じたキャリア教育,進路指導,シチズンシップ教育に取り組む。

  ⑤ 小学部においては新学習指導要領に基づく教育活動を推進し,中学部においては令和3年度,高等部においては令和4年度からの新学習指導要領完全実施に向けた移行を計画的に行う。

 

【研究及び研修の推進】

  ① 昨年度の共同研究で取りまとめたこれから求められる本校の特色を生かしたカリキュラム・マネジメントを進めていくためのシステムづくりを継続するとともに,資質・能力(三つの柱)の育成を目指す授業づくりに取り組む。

  ② 校内外の研究会や研修会などを通して,個人の資質能力及び組織としての専門性を高める。

  ③ 教員のニーズに応じた研修を充実させるとともに,関係機関が実施する研修会への積極的な参加を推進する。

【安心・安全な教育環境の整備】

  ① 児童生徒の健康面の情報を適切に共有する。

  ② 児童生徒一人一人の食形態に応じた摂食指導を行う。

  ③ 医療機関,医療的ケアコーディネーター,担当教員,看護職員等の関係者と連携して医療的ケアの充実に努める。

  ④   バス会社との連携を密にしてスクールバスの安全運行に努める。

  ⑤ 学校防災体制の強化と地域と連携した防災訓練等の取組を推進する。

  ⑥ 緊急対応マニュアルを整備し,模擬訓練などを通して周知徹底を図る。

  ⑦ 計画的に実地踏査を行い,校外学習等を安全に実施する。

  ⑧ 授業の準備や安全点検等を充実させ,安全な教育環境を維持する。

【センター的機能を生かした地域支援の推進】

  ① 特別支援学校のセンター的機能の充実に組織的に取り組み,地域に貢献する。

  ② 相談活動や情報提供を積極的に行い,早期発達支援や適切な就学支援の充実を図る。

  ③ 学校公開や研修会等の実施を通して,特別支援教育の啓発に努める。

【家庭・関係機関・地域との連携】

  ① 家庭や利用施設との情報交換を行い,支援の方向性を共有する。

  ②   関係機関(放課後等ディサービス,地域生活支援センター,保健福祉機関等)との連携を強化する。

  ③ 居住地校学習や学校間交流を通して,インクルーシヴ教育を推進する。

  ④ 共生社会の実現に向けて,地域と積極的に連携する。

【働き方改革の推進と検証】

  ① 教職員が健康で児童生徒と向き合い,指導の充実を図ることができるよう,改善を図った内容を実践する。

  ② 働き方改革の取組を定期的に検証し,改善に継続して取り組む。